塗料・塗装用品・薬品・文具・ひょうたん用品など多くの品揃えネットdeシマモト

カテゴリー

2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
定休日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
定休日
 
 
 
 
 
友だち追加
 

トップ > 塗料 > 柿渋 > 上柿渋 2L
塗料 > 染料 > 上柿渋 2L

上柿渋 2L 上柿渋 2L
上柿渋 2L 上柿渋 2L
拡大画像

上柿渋 2L

上柿渋

古くから日本にて使われている柿渋。塗布することで防虫防腐効果が得られ耐水性や光沢を出すことができます。また近年ではシックハウス対策として見直され、重要文化財などにも使用されております。

用途は、無垢の木材への着色、害虫からの保護、耐水性撥水効果の向上、和紙や繊維などの補強染色などあらゆる分野に使用できます。

無垢の木材、和紙、布、塗装の下地などにご使用できます

※通常は二倍に水道水で薄めて塗布してください

商品コード : 000000000264
製造元 : シマモト
価格 : 4,860円(税込)
ポイント : 48
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

‥描準備

上柿渋と刷毛(ステイン刷毛又はニス刷毛)・研磨紙・マスキングテープ・水道水・ポリ容器(ポリバケツなど)を用意します。

生地調整

¬效呂猟汗

空研ぎ研磨紙#400番程度で木地表面を平滑にします。毛羽立ちや凹凸がひどい場合は#240番ぐらいで荒削りし細かく研磨します。

マスキング作業

マスキング作業

塗装しない箇所にマスキング(養生)します。

マスキング作業

で杞

上柿渋を同量程度の水道水で希釈します。(例 上柿渋1:1水道水)※原液で塗布した場合、塗りムラや皮膜が厚くなり過ぎて、はく離する場合がございますので、希釈(薄めて)することをお勧めします。

マスキング作業

ヅ鰭

配合した上柿渋を毛の柔らかい刷毛でのばしながら塗布します。

マスキング作業

Υチ

十分乾燥させます。また、塗り重ねる場合は、十分乾燥させるか半日ほど乾燥させた後に塗布してください。 ※上柿渋は乾燥後、日にちが経過するごとに色が濃くなります。

上柿渋シリーズ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ